1. ホーム
  2. 思い出の先生と会おう
  3. 福岡ビューティーアート専門学校編

思い出の先生と会おう
思い出に残る先生と再会しよう

vol.06福岡ビューティーアート専門学校編
築地(ついじ)直子さん(写真左) 2007年に福岡ビューティーアート専門学校卒業後、末安先生の勧めもあって株式会社シェイプアップハウスに入社。現在はダンディハウス福岡天神店主任(店長)。
末安由香先生(写真右) 福岡ビューティーアート専門学校教務課長。福岡医療秘書福祉専門学校を卒業して病院に勤めた後、福岡ビューティーアート専門学校開設に参加。築地さんの1年生後期のクラス担任。

クラスの誰よりもたくさん泣く、熱血先生。

末安
築地さんのクラス担任をしたのは1年生の後期だったよね。トータルビューティー科のエステティックコースだったけど、最初からこのコースと決めてた?
築地
いや、高校生のときはメイクやネイルに興味がありました。でもせっかく入学するならいろいろやってみたくて、エステも含め全部が勉強できる学校を探したんです。
末安
それでうちを選んだんだ。
築地
あとは学校の場所が博多駅近くでオシャレな感じだったのと、特待生制度があったのも大きかったですね。だったら先生や先輩に覚えてもらう方が有利かなと思って、体験入学には10回近く来ていて(笑)。でも一度来てみるとすごく楽しくて、結局は特待生が目当てというより、楽しいから何度も来ていた感じです。私と1、2歳しか違わない先輩たちがネイルやメイクをしてくれたり、技術を教えてくれたりするのに感動して「この学校に入って自分もこうなりたい」と思ったんです。

末安
入学した築地さんはガチガチに真面目じゃないけど、やることはしっかりやる子という感じだったな。
築地
でも楽しさに期待して入ったら、「こんなに厳しいんだ!」って驚いたんですよ。欠席や遅刻は駄目、あいさつや返事はきちんとする、プロを目指すのだからメイクも毎日しっかりやる、とか。でも社会に出てみると、全部当たり前のこと。おかげで就職活動中も就職した後もマナーや人との接し方には全然困りませんでした。
末安
私が『ビジネスマナー』の授業担当だから、余計に厳しかったかもね。
築地
でも、先生ホームルームではよく泣いてましたよね(笑)。先生は叱りながら、「何で分からないの!」とか言って。
末安
それを見て、今度はクラスのみんなが泣くよね。
築地
先生に泣きながら叱られて、自分たちの悪いところに気づいて、みんなで泣いて謝って。そういうクラスのシーンはすごくよく覚えてますよ。
末安
特に社会で大切な「報告・連絡・相談」をしないときに叱ったな。
築地
やっぱり熱血だよねー(笑)。報告ってしなきゃいけないからするものではなくて、相手が自分の為にとってくれた行動に対しての1つの感謝の形だって言ってたよね。「やってもらって当然じゃなくて、もっと謙虚さと感謝の心を持ちなさい!」って。

ページの先頭へ

サロン実習は先生も学生も事前準備が大事

築地
先生のおかげで、サロン実習ではスタッフの皆さんにすごくほめられたんですよ、「マナーも技術もちゃんと身に付いてる」って。ちょうどサロンのフェアでお客様がたくさんいらっしゃる時期だったので、即戦力として売り上げにも貢献してくれたって喜ばれました。私はそれがすごく自信になったんです。
末安
そうやって自信をつけて、「この業界に進みたい」という気持ちを再確認するのが実習の一番の目的だからね。実習が楽しかった、行ってよかったと思ったら、その後に始まる就職活動にもすごくプラスになるし、「これができずに悔しかったから残りの学校生活で頑張ろう」と勉強にも前向きになれるし。
築地
身だしなみやマナーもきちんと事前指導してもらえましたし。手すきになったら、邪魔にならないように掃除しておく、といった指導を実践していたら、「ふだんは手が回らない場所まで掃除してくれた」とほめられて。自分がサロンで役立ったことがうれしかったですね。

末安
何か大変だったことはある?
築地
実習のメモ帳の選び方や書き方も教えたよね。その日の出来事や感じたことをサロンの担当者に見てもらう手帳だから、学生感覚のキャラクター付きではなくビジネスに適したノートを選ぶとか、文章にハートやビックリマークは使わないとか。
末安
みんながサロンに事前あいさつに行く前に学校の教員が各サロンを回って、「こちらに来るのはこういう学生です」「その子はこれくらいのことはできます」と情報提供をしてあるの。そしてそのときにサロンから聞いた話をもとに、「こんなところが厳しいよ」「こんな実習をさせてもらえるだろうから、復習しておいて」と本人に伝えて準備できるようにして。
築地
そして実習中も先生方が見に来てくれるんですよね。一人で頑張っていると寂しいときもあるから、来てくれたのがすごくうれしかったです。
末安
私たちも実習中に訪問すると学生の様子が分かるし、サロンからは実習の現状を聞くこともできるしね。本人にサロンからの注意点やほめられた点を伝えると、もっと成長するきっかけになるから。
築地
確かに仕事で認められるうれしさ、働いたときのイメージが分かったし、実習後は自分がすごく成長したと感じました。でも「業界への気持ちを再確認する」という実習の意図を聞いて、「その通りにやられたー」と思いましたよ(笑)。

ページの先頭へ

学生のことを考えた厳しさ、熱さが伝わった

築地
就職活動でもすごくお世話になりました。先生は『ビジネスマナー』も担当しているから面接準備も手伝ってもらえて、2年生では担任が2人いる感じでした。履歴書の書き方も夜遅くや休みの時期にも教えてもらって。
末安
やっぱり学校に出す書類とは違うから。いいたいことは分かるけど、言い回しをこう変えた方が分かりやすいとか、もっと体験談などの具体例を盛り込んだ方がいいとか。自分を知らない相手が読む文章なら、「なぜそう思ったか」という考え方の背景などを補足して、読んで納得してもらえるようにしないとね。
築地
就職先を決めるときも先生の意見がすごく参考になりました。「厳しいところだけど成長できるし、絶対に合うと思うから受けた方がいい」とシェイプアップハウスを勧められて。入社してもう9年目になります。
末安
その会社が厳しいのはもちろん知っていたけど、築地さんは結構負けず嫌いだし、「ここまでできるでしょう?」と少し高めの目標をもらった方が伸びるタイプだと分かっていたからね。
築地
まさにその通りの性格(笑)。やっぱりすごく分かってますね!
末安
でもあのときは同じ会社を6人も受けていて、それぞれに合った面接やプレゼンのやり方を一緒に考えたから大変だったのよー。でもおかげで全員合格したからね。
築地
しかも事情で辞めた1人を除いて、残りはみんな一緒に仕事を続けています。
末安
そうやって長く働いてくれるのもうれしいよね。今の在校生がサロン実習から戻って、「先生の教えた先輩にお世話になりました」と話してくれると、長く勤められるところに就職できて本当によかったと思うな。
築地
長く続くのは、きっと学校で厳しく鍛えられたからでしょうね(笑)。でも先生方は厳しかったけど怖いとは思わなかったですね。ちゃんと私たちのことを考えた厳しさ、熱さがと伝わってきましたから。


1年の担任だった末安先生にクラス全員で送ったメッセージノート

末安
私はみんなのことが大好きだけど、やっぱりいつかは、学校を卒業して社会に出ていくと分かっているから。そのときに一人ひとりが自分の力で前に進んで、自分で判断できるように成長させるのが私たちの役目なんです。そしてちゃんとあいさつをして、周囲に気配りをして、感謝する気持ちを示せる人になること。そうするとみんなから愛されて、職場の真ん中で笑えるようになるからね。礼儀やマナーを徹底して身に付けさせるのはそのため。私はエステやメイクが専門じゃないから専門分野は教えられないけど、絶対に「通用する社会人に育てる」という気持ちで接してたよ。
築地
学校で資格がたくさん取れたことも感謝してます。履歴書の特技・資格の欄がすぐいっぱいになって、努力が目に見える形でアピールできるのがうれしかったですね。あとはヘアショーの実行委員を務めたり、自分も感動した体験入学に今度はスタッフとして参加したり。勉強以外もすごく楽しい2年間でした。
末安
実はみんなからもらった文集があるの。1年生の担任が終わる最後の日に花束と一緒にもらった物なんだけど。
築地
うわぁ、これをまだ残してあったんですか。「先生が担任でなくなるのは不安だけどこれからもよろしく」とか、私が書いたのを読むと恥ずかしいです!
末安
もちろんどの子からもらった物でも、ずーっと全部保存してあるからね(笑)。

ページの先頭へ

自分らしさを見失わずに、ずっと仕事を続けてほしい

末安
築地さんはもう店長になったんでしょう。
築地
ええ、男性向けのダンディハウス福岡天神店の店長になりました。やせて人生が変わったと言っていただくこともあって、お客様の健康や食事のことを誰よりも真剣に考えて、結果が出せたときは本当にうれしいですね。もちろんサロンの売り上げも大切ですが、それはお客様に喜んでいただくことで生まれるもの。だから全員で「お客様に好かれるにはどうしたらいいか」を考え、教えていくんです。とはいえ就職して1、2年目には、よく先生のところに相談に行きましたね。
末安
大体そのくらいは仕事がいっぱいいっぱいになって、視野が狭くなっている頃だから。話を聞いて一つずつ整理していくと、「あれ、こんなことだったのか」と悩みが軽くなることがほとんど。あとは単純に話を聞いてもらうことで気持ちがほぐれるのもあるかな。職場の先輩には相談できないし、同級生も頑張っているから言い出しにくいというとき、昔の担任なら話しやすいと思うよ。


三幸学園時代からずっと仲良しの友人の結婚式にて、みんなでブライズメイドの衣装を着て、末安先生と一緒に記念の1枚。

築地
でも私は店長になるのが目標というより、「ここまで来なさい」と目標をもらって成長してきた感じなんです。
末安
築地さんは頑張り屋だけど、自分自身も大事にしてほしいな。人に喜んでもらうには、本人が幸せでないと駄目だから。自分らしさを見失わずに仕事をしていけばいいんじゃない?
築地
じゃあ私からの希望は、先生にはずっとこのままでいてほしい、です!
末安
ありがとう。今度、築地さんの同級生の結婚式に呼ばれて沖縄に行くでしょう。本人からブライズメイドの衣装が送られてきたけど、それなりに派手なピンクのワンピースで、私には年齢的にどうかと思うんだけど。
築地
いや、先生なら絶対に大丈夫!!むしろ私たちの中で一番似合うと思うから、その衣装を着て沖縄で一緒にお祝いしましょう!

ページの先頭へ

「先生に今の自分を見せたい」「今だから伝えたい」という卒業生のみなさま。この企画への参加希望の連絡をお持ちしています。

応募はこちら